2019年10月20日日曜日

公園で At the park

以前、道端で一度だけ会ったことのある、日本では珍しい犬種の子に久しぶりに会えました。スキッパーキ(Schipperke)と呼ばれるベルギー原産のスピッツタイプの小型犬です。「多産性」の逆を行く犬種で、一度に生まれるのは1-2頭だそうです。実際、この子の母親は一度の出産で2頭を産んだ後は産めなくなったそうです。


初めて「スキッパーキ」という名を聞いたとき、とっさに船長を意味する英語の「スキッパー(skipper)」を連想しましたが、ウィキペディアによると、小さな船長」説は、本種をオランダはしけ犬と混同したイングランド人たちによって、誤って広められたものであると考えられている。とありました。紛らわしいです。なので私はもうひとつの呼び方の「シッパーキ」のほうが好みです。


この子の名前はライヤちゃんで、もう12歳になるそうですが若々しい外見です。気も強いので、タイガの背中の毛が立っています。
Laiya, 12-year old female Schipperke
 タイガを見据えたあと、
 真向から唸り始めました。
As Laiya started growling at Taiga,
 飼い主さんに怒られてストップ。
her dad told her off.

私がタイガを横に押しやって手の甲を差し出すと、一瞬臭いを嗅ぎましたがあとは落ち着きました。
I let her sniff the back of my hand, and she calmed down.
 シッパーキの特徴だそうですが、コートは全体的に短いけど首の周りは毛皮を巻いたように長め。
Short coat, except around the neck, which is the hallmark of this breed

道の横から「キュンキュン」と甘え声が聞こえてきました。ビーグルのココロちゃん、1歳未満です。ライヤちゃんに近づきたくて網を超えようとしていました。
We heard a whining from the side of the road.
Kokoro, less than 1 year old female Beagle, wanting to join in.

勇気を出して飛び越え。
She plucks her courage and jumps over the mesh fence.

ライヤが近づきます。
Laiya approaches Kokoro.

ココロちゃんは赤ちゃんのときから朗らかな性格なので、相手が気難しかろうが一向にかまわず遊びを仕掛けてきました。子犬だと分かるのか、結構喜んでライヤが相手をしてくれました。ライヤの丸っこいオシリが何とも可愛いです。
Kokoro being a happy puppy, she invites Laiya to play.
Laiya's roundsih bottom is so cute....


上のほうへ移動すると、古代家の林の木が少しだけ黄葉し始めていました。
 暗い朝なのでなかなか黄葉が再現できません。
Leaves are slowly turning yellow.

道を渡った陽だまり広場のキンモクセイの花が香っています。
Osmanthus fragrans
 青空を背景にすると映えますが、曇りなのでとなりのイチョウの木をバックに。
Powerful scent
 ここ3・4日間の雨のあと、花が散り始めています。

2019年10月19日土曜日

ローガンベリー苗 Loganberry plant

何か月も前に注文して支払いも済ませて、すっかり忘れていたものが前触れもなく今朝届きました。ローガンベリーの「ワイマテ」です。届いたときの箱が長かったので期待して開けたら、視線がストンと下に落ちました。

Loganberry: Waimate, developed in New Zealand

でも、苗は元気そうです。

中型犬と比べると、こんな感じの樹高(いい加減な比較)。





ニュージーランドで80-90年代に、ボイセンベリータイプの新種を作出するための活発な活動が行われたそうですが、その結果としてリリースされた数種のうちにワイマテが含まれていたそうです。

The New Zealand HortResearch Inc. program was one of the most valuable and aggressive programs in the 1980s and 1990s as it developed “Boysenberry-like” cultivars and developed the ‘Lincoln Logan’ source of spinelessness (SfL) (Hall et al. 1986a; Hall et al. 1986b; Hall et al. 1986c; Hall et al. 2002).
‘Ranui’, ‘Waimate’, ‘Karaka Black’, and ‘Marahau’ have been the notable recent releases from this program (Clark and Finn 2002; Hall et al. 2003; Hall and Stephens 1999).
Source: Genetics, Genomics and Breeding in Fruit and Vegetable Crops- Berries  Ed. K.Folta,  'Chapter X: Rubus'


これら↓ はWaimateでググるとよく出てくる写真で苗の業者に使い回しされているようなので、勝手に掲載しました。交配に使われた品種の一つであるタイベリーのような長果で、実の色はボイセンよりも明るい色になりそうです。ツルの管理方法はYoutubeで探すとイギリスの映像で見つかります。
Loganberry 500「LOGANBERRY WAIMATE」の画像検索結果

2019年10月18日金曜日

キウイ試し採り Red Kiwi

キウイの葉っぱは夏の間にコガネムシの成虫にボロボロにされてしまいました。ダメ元でマラソンを散布してみたらいっぺんに姿を消しました。そこでいつも被害にあっているスモモの葉っぱにも同様に散布したら、以後、秋にかけてすっかりコガネムシがいなくなりました。来年はもっと早くから手を打ちます。

日当たりの良いほうのツルで1個触ってみたら柔らかかったので試し採り。他のはまだまだ石のように硬いです。
Red Kiwi: 'Rainbow Red'

ちっさーい。初成りだし、葉っぱがダメージ受けたし、文句は言えません。

切ってみると色は薄めですが、ほぼ全体的に柔らかくなっていました。何より、芯も軟化していてクリーミーで甘かったのが嬉しい。食べた後の感想は、もう感激ものの美味しさでした。これを食べたあとでは、黄肉系のは物足りなく感じるかも(昔うちにあった黄肉キウイは、これに比べるとあっさり系でした)。
Extremely sweet: in fact, sweeter than green or yellow varieties



園芸用の支柱を買いにJAへ行ったら、ピンクの食用菊が出ていました。ずっと昔に育てていたことがありますが、その後、もっと豪華な観賞用の菊に目が移ってボツにしてしまいました。でも、今は黄色の食用菊を気に入って育てているので、ピンクが加われば色が冴えます。黄花のほうは随分と大株になったので、今年こそは一部を味見しようと思います。
Edible chrysanthemums: yellow and pink (new)

ピンクのは「もってのほか」という名前の品種。以前食べた印象では、ちょっとアクがありました。
New addition

黄花種ももうすぐ咲き始めます。

タイガがあまりにも協力してくれないので、無理矢理 苗を横に置いて記念撮影。

うちには今年から野菊もあります。「野紺菊」という名札がついて園芸店で売られていた小苗を今年の春先に買って植えておきました。まだまだ咲き始め。写真では薄紫ですが、実物は濃い紫色。個々の花の開花直後は、花びらの中心近くは白く端っこの濃い紫色とのコントラストが綺麗で、キラキラした印象です。私の簡易カメラでは再現できません。
Wild variety

2019年10月14日月曜日

公園で At the park

今朝の早朝散歩は雨が降り出さないうちに済んだのでラッキーでした。帰宅した後は一日中シトシト降りの雨でした。


公園入口の草地で柴ミックスのサスケとばったり。
Met Sasuke, male Shiba-mix, when we arrived at the park.
 サスケはタイガよりずっと年下なのに、会うといつも自分の優位性を示そうとします。今日は都合よくサスケのほうが高い位置にいてタイガが斜面の下側だったので、サスケはタイガの頭の上に自分の顔を乗せて挨拶。
Sasuke is younger than Taiga but always tries to show off his strength.
Today, he was standing on a higher ground and, therefore, at an advantage.

タイガは不利な体勢を直そうと、お互いの頭がくっついたままでサスケの横へ移動して同じ土俵に立ちました。サスケが前足をバタバタさせています。
Taiga moves to Sasuke's side to be on an equal footing.
 サスケは脚長の大柄ですが、タイガは負けまいと一生懸命。
Taiga might be smaller but she is not going to give up easily.




その後ドッグランへ入りました。初めてみる珍しい犬種の子がいました。オランダ原産のコーイケルホンディエという猟犬だそうで、名前はクッキー君、1歳半。ぱっと見女の子かと思ったくらい優しい顔をしています。
In the dog park, we met Cookie, 1 1/2 year old male Kooikerhondje
 コートは白と茶色がくっきりした綺麗な毛並みです。
Striking red and white coat

バーニーズのベルンちゃんが到着。
Bern, female Bernese Mountaing Dog, arrives.

クッキーは大きなベルンちゃんに戸惑った様子。
Cookie is taken aback by the size of Bern.
直ぐにベルンちゃんが優しい子だと分かったので追いかけっこが始まりました。
Soon, he realises that Bern is a gentle girl and they enjoyed a good chase.
 クッキーは猟犬らしく走るのは余裕。



ベルンちゃんたちに注目して大騒ぎしていたら、いつの間にかサスケがランに到着していました。
Sasuke also arrives.
 近寄って名前をよぶと「ン?」という顔で振り向きます。
 また会えたね。


ジャックラッセルの「きょうだい」が到着。左のラフコートの子はムサシ君、7歳。右のスムースコートはラナちゃん6歳。どちらも懐っこい性格ですが、ボール命のふたりです。
Two Jack Russell Terriers arrive: Musashi, and Lana

そこへタイガの大の仲良しのエリちゃんが到着。タイガが子犬のときから遊んでもらっていて、今も会うたびに一生懸命相手をしてくれます。
Eri, Taiga's best friend, arrives.
She is a few years older than Taiga.

タイガがガン見で迎えます。
Taiga cannot wait to have a chase.


 ベルンちゃんとサスケも挨拶に来ました。
Sasuke and Bern come to greet Eri.

エリちゃんはジャックきょうだいの飼い主さんに挨拶。
Eri greets the owner of the 2 Jack Russells.
Taiga follows her around.


ウズウズしていたタイガの耳がピンと立っています。
'At last, I've got you alone.'
 追いかけっこ前の小競り合い。


 本気で走り出しました。まずはエリちゃんが追いかけて、


今度はタイガが負う番。



一休み。
Take a rest?


エリちゃんは賢い子で必ず飼い主さんの元へ戻ります。タイガは夢中になるとどっかへ行ったまま、私も全然気に掛けないで他所の子らと遊びます。
Eri always comes back to her dad after playing.

タイガが獲物を狙っています。自分では草陰に隠れて奇襲攻撃の体勢に入っているつもりでしょう。
Taiga thinks she is hiding behind a bush, ready for an ambush.
 視線の先にはまたしてもエリちゃん。シッポが上がっているので十分元気なようです。
The target is Eri, of course.
 突然ダッシュ。











ゴールデンのムギちゃんが到着。今日は随分とカラフルな服装。
Mugi, female Golden Retriever, arrives.

「ムギちゃん!」と呼ぶとカメラ目線のサービス。
When I called her name, she gave me a smile.

でも本命はボールです。飼い主さんにボールを出してもらいました。
Mugi is only interested in her toy.

早く投げてほしくて引っ張りっこ。
Mugi impatiently asks her dad to throw the toy for her.

ボールが投げられたとたん、ジャックきょうだい達も一斉にダッシュ。
The 2 Jack Russells also have eyes only for toys.


後から走って行ったラナちゃんがボールを咥えて帰ってきました。
Lana proudly brings back the toy.

また投げてもらうと、今度はムギちゃんがボールをゲット。
This time, Mugi gets it.
 ボール大好き犬のジャックきょうだい達も、ボールが投げられる瞬間を精神集中して待っています。

最後尾にいるベルンちゃんはボールには関心ないけど、ボールを咥えた子を追いかけるのが好きなのだそうです。




帰ろうとドッグランから出たらばったり会った可愛い子。あまりに小さいし動きが柔らかいので子犬かと思ったら、4歳の繁殖犬上がりの子で、今の飼い主さんご夫婦に迎えられてまだ3週間だそうです。名前はランちゃん、ヨーキーとチワワのミックスで、体重は3kgしかないそうです。
As we were leaving the dog park, we met a new face:
a 4-year old female Yorkie-Chihuahua mix, named Lan
 家庭犬になって初めて散歩をしたそうなので、まだまだ外は怖い世界なのかも。でも、たくさんの犬と接して社交化させれば、自信がわいてワンコ同士で遊ぶ楽しみもおぼえるでしょう。
Lan was recently released from a breeder and she has been with her new owners only for the last 3 weeks.  She had never had a walk outside of her cage before then!
 今はタイガの視線も避けたい心境のようです。
As Lan has not been socialised, she is too scared to look at Taiga.



その後、公園出口付近でテンちゃんとも会えました。ペットショップから迎えられた、シュナウザーとダックスのミックスで、さっきのランちゃん同様、故意に作りだされたいわゆるデザイナードッグです。
Ten, female Schnauzer-Dachshund mix, wearing one of her many dresses
 テンちゃんは衣装持ち。今日のはセーラー服です。