2019年11月10日日曜日

公園で At the park

午後にタイガのシャンプーをしたので、自然乾燥の散歩で公園へ行きました。最近、朝晩の寒暖差が大きくなってきたので、ケヤキが少し黄葉しています。
After shampooing Taiga, I took her to the park for drying.

坂の上のほうからボーダーのカイ君がやって来ました。昨夜のドッグランでも会いましたが、とても懐こい性格の子なのでいつ会っても嬉しいです。
Kai, male Border Collie, comes along.
 タイガと挨拶。
So pleased to see each other, although they met last night in the dog park too.
 ハーネスは名前入り。
Kai's name is written on the harness.


今日は天気が良くて人出が多いので、いつもは夕方散歩で通る静かな林へ行ってみました。
We went to the quiet part of the park.
 ドッグランの傍の林なので、ランの方角から犬が大騒ぎしている様子が聞こえます。
These woods being close to the dog park, we could hear the dogs.



ランを覗いてみると、初めて見る大型犬がいました。遠目に、脚の短い土佐犬かと思ったら、アメリカンピットブルだそうです。こんな巨大なアメピは初めて見ます。
In the dog park, we saw new faces - huge American Pit Bull Terriers.
 本人たちは遊びたくてしょうがないようですが、他の犬たち(飼い主さんたち?)に遠慮してランの雰囲気を味わわせているようです。
They want to play, but the owner hesitates since other dogs (owners) are scared.
 右側の子がソラ君、3歳半で、体重は65kgもあるそうです。左の子はガッツ君、2歳半で、体重は47kg。両親は全く別々だそうですが、血統は同じだそうです。せっかくの機会なので、右側のソラ君をギュッと抱きしめさせてもらいました。スムースコートの犬は体温がもろに伝わってくるので、ソラ君のほっぺたが暖かかったです。(タイガの背中に触ると、表面は夏でも冷たいです。)
Sora (right), 3 1/2 years old male, weighs 65kg
Guts (left), 2 1/2 years old male, weighs 47kg
I hugged Sora on the right, and he felt warm since he is a smooth-coated dog.
In contrast, Taiga's coat feels cold on the surface even in the summer.



上のほうの売店がある広場へ移動。


公園事務所の近くで会ったミニ柴。
A miniature Shiba Inu, meeting for the first time.

タイガを見たとたん、姿勢を低く、低くして近づいてきました。
She seems so happy to meet Taiga, with her ears flat.
 耳がぺったんこです。

あまりに低姿勢なので年齢を聞いたら、タイガと同じ6歳だそうです。名前はユズちゃん、女の子。
Yuzu, 6 years old, is the same age as Taiga.
Yet, she is so deferential to Taiga (I cannot imagine why).

タイガはユズちゃんのお母さんに挨拶。
Taiga says 'hello' to Yuzu's mom.

落ち着いたところで、キリリと引き締まったポーズを取ってくれました。
Yuzu is a picture of a cute Shiba Inu.
 「ザ・柴犬」のイメージです。



公園出口の草地に移動すると、仲良しの子らがちょうどオヤツを貰っているところでした。ラブラドゥードルのメイちゃん(奥)、シーズーのコロ丸君(手前)に、トイプードルのコニーちゃんです。
As we headed towards the exit of the park, we saw Taiga's friends getting a treat.
 駆け付けたタイガは、ちゃっかりお座りして待っています。
Taiga crushes in and gets ready for a treat.

キンカンライム Limequat

キンカンライム苗は今年の2月に配達されて、それを鬼剪定した後の姿はこう↓ でした。届いた苗の枝をよーく見ると、前の年に実が着いていた跡があったので、今年から結実する期待はありました。
Limequat (right) when it was delivered in February this year


今ではこんな↓ に枝がワサワサしていて、30個くらいの実が着いています。6月の開花は随分と花数が少なかったので3個だけ実を着けさせましたが、その後チョロチョロ咲き続けて、11初旬まで咲いていました。。温度さえあれば四季成りになるかも。
As it is now - it has grown a lot.
 結構な豊産性です。枝を切り戻しても、その先からまた枝が伸び続けて、その先っちょに開花・結実します。なので、収穫が終わったらいくらでも鬼剪定して自分の望む樹形にしながら収穫できそうです。
Very prolific - it keeps flowering, followed by young fruits.

こちらはタヒチライム。ベルガモットに高接ぎしてあります。
Tahiti lime grafted onto Bergamot

味を比較するために1個ずつ採ってみました。タヒチライムのほうは例年なら今の時期まだ青いはずですが、今年は早いです。しかも今年は種が入っている。キンカンライムのほうは、いかにもライム、という色です。
絞ってそれぞれ味見したところ、全く同じでした。この時期の酸味と苦みはライムそのもので、目隠しして味見するとどれがどれだか分からないと思います。タヒチライムは3月頃まで樹上に置いておくとレモンのように甘味が出るので、キンカンライムも同様に長く楽しめそうです。
英語版のWikipediaによると、作出されたのは1909年だそうで、もう100年以上も出回っていることになります。そうなると、同じ品種名の元でも苗によって多少の変異はあるかもしれません(うちのキンカンライムの実はラベル写真の楕円形ではなく、まん丸で大粒の金柑のような外観です)。
Tahiti lime and limequat
They may look different, but they tasted exactly the same.

ライムのめちゃくちゃ酸っぱい絞り汁の後は、口直しに極甘のレインボーレッドを食べました。今年のヒット商品のひとつです。こんなに美味しい果物があるなんて感激。とりわけ、真ん中の白い部分が甘くてクリーミーなのが嬉しい。
Kiwi: 'Rainbow Red', an extremely sweet variety,
fruited for the first time this year.



先月に届いたローガンベリーのワイマテは元気に根っこを張っているらしく、赤い新芽が25cm以上に伸びて来ました。冬芽をたくさん出させれば、来年から開花・結実するのではと期待しています。
Loganberry: Waimate's new bud growing



先日、地元園芸店で見つけた四季成りイチゴも元気そうです。
Everbearing strawberry

実が土に付かないよう、マルチングをしてあります。
花は綺麗な二重咲きですが、ガクまで二重です。

2019年11月9日土曜日

公園で At the park

今日も良い天気で清々しい早朝散歩を楽しめました。古代家の林の横を歩いていると、

久しぶりに会ったハスキーのリュウセイ君、3歳。前回会ったのは1歳半くらいだったと思うのですが、見違えるほどがっしりした成犬になっていました。
Ryusei, 3-year old male Husky
 私のことを覚えていて、ギュッ抱きしめるとハスキー独特のガウガウトークが始まりました。
The last time I saw him, he was 1 1/2 years old and very thin.
Now he is a stout, beautiful grown up dog.

その横の草地ではコーギのダオちゃんが毎朝の服従訓練をしていました。
Dao, female Corgi, in the middle of daily training, comes rushing towards me.
 もうかなりの年齢なのに綺麗な幼い顔立ちです。
 子犬の頃から会っているタイガも挨拶。
Dao has known Taiga since Taiga was a puppy.

林を抜けて下へ降りていこうとしたら、向こうから一方的に歯を剥きだしにして怒って駆けてくるミニ柴がやって来ました。
An angry miniature Shiba Inu comes running and barking at Taiga.
 タイガと同じ6歳だそうですが、全く社交化されていないそうで、ドッグランへは行かないそうです。
He is 6 years old, same as Taiga, but never has been socialised.
 いったい何を怒っているのやら、訳が分かりません。
Imagine living his entire life without having a single friend.
 さすがにウザいのでタイガが無言で背中の毛を立てたら、凄味があったのか、向こうへ行ってしまいました。
As Taiga made a silent gesture, he got scared and went away.


下の公園出口の草地では、柿がさらに色づいていて、美味しそう。。。。
Persimmon fruits in the sun


先日初めて会った柴犬の「コン太」君、生後8か月がいました。私たちのことを覚えていてくれました。
Konta, 8-month old male Shiba Inu
 一生懸命そばに寄ってこようとする姿が可愛いです。
Konta is such a sweet boy.

 去勢手術が終わったばかりなので、しばらくはEカラーを着けたままだそうです。
He has just been neutered and has to keep his collar.
 コン太君の名前の由来は、このマズルの長さ。キツネのような顔です。
The name 'Konta' is suggestive of a fox,
and he does look like a fox with his long muzzle.


そこへハスキーのハル君が到着。10歳とは思えないくらい良いコンディションです。ハル君が私にスリスリして来たのでギュッと抱きしめると、やはりガウガウトークが始まりました。ハスキーはツンデレで面白いです。
Haru, 10-year old male Husky
He always comes to me for a snuggle.




これまた久しぶりのヨーキー。極小の子です。シュナウザー2頭と一緒に飼われていますが、一番体の小さいこの子がボスで家の中では威張っているそうです。
A tiny, tiny Yorkie
 でも、私を見かけると撫でてもらおうと飛んできてくれます。
She is quite old, but very friendly.
 タイガとの比較。
 かなりの高齢ですが、いつまでも元気でいて欲しいです。


四中横の草地近くで会った黒柴のアズキちゃん。タイガがいきなり体をブルブルさせてヨダレをまき散らすので、引いています。
Azuki, female Black Shiba Inu
 バッチイね。

 アズキちゃんは、カメラシャッターを避ける天才ですが、
Azuki is an expert in avoiding the camera,
 あれこれ騙して、やっとほぼカメラ目線になりました。
but I caught her today!