2016年11月5日土曜日

チベットナツメ  Tibetan Jujube

今朝の水やりの際に、チベットジャンボナツメの採り残しが2個あるのに気づきました(実が茶色になって初めて気づきました)。1個食べてみたら前回のよりも甘く感じたので糖度を測ってみました。カタログのセールスコピーのように、40.0度に達していました。でも、舌で感じる甘さは決して糖度計の数値のような甘さではないし、皮の風味も強くなっていて漢方薬臭いです。

そこで、個人的な「チベットジャンボナツメのウソとホント」:

● 実の形状: 日本ナツメと同じかそれよりも小さな実で、とても「平均50g」とはいかない。
● 果汁: 全然ジューシーではない。
● 糖度: これは何とかクリア。ただし、糖度計の上での話であって、実際の食感は特に甘い訳ではない。

全体的には、1,850円で買ったヒョロ苗の日本ナツメの実の方が、ジューシーで断然美味しかった。もしも「ナツメ苗は1本だけしか栽培してはいけない」という状況に直面したら、迷わず日本ナツメを選ぶと思います。

Sugar content: 40.0 °Bx